WiFiキャンペーンの比較と失敗しない選び方とおすすめ

ネットで簡単に申し込めて工事不要で使えるモバイルWiFiルーターが大人気ですが、色んな会社から出ていてどれが良いか分からない、迷ってしまうこともあると思います。

 

当サイトではWiFiキャンペーンの選び方や比較やお得なキャンペーンをご紹介しています。tesuto

WiFiキャンペーンの選び方4つのポイント

初期費用

まず基本的に契約手数料として初月の料金に合算して3,000円が発生します。申し込み月の月額料金は原則日割り計算になります。キャンペーンによっては無料になっているところもあります。

通信制限(利用制限)

WiFiを選ぶうえで一番気をつけるポイントです。WiMAXとワイモバイル以外のドコモやソフトバンクは最大でも月7GB通信を行うと、速度が一気に低下してまともに使えなくなってしまいます。月が変わるのを待つか追加料金をわざわざ払って、元の速度に戻す必要があります。

 

また、ワイモバイルの502HWは月7GB制限はありませんが、3日で10GB以上使うと通信制限が発動します。

 

WiMAXも2017年2月2日から新たに3日で10GBを超えた場合、超えた日の18時から翌2時までの8時間ほど制限をかけることが決まりました。

 

ただ、WiMAXの場合は制限下の速度でもYoutubeの標準画質(1Mbps)程度あれば問題なく観られるので、他社の200kbpsまで低下する制限よりも緩いです。

月額料金

月3,696円と4,380円が一つの基準になります。WiMAXやワイモバイルでは月の使用量を気にせず使うには4,380円のプランで契約する必要があります。

 

契約特典がキャッシュバックやタブレットの場合は月額料金はそれほど変わらず、特典が何もない場合はその代わりに月額料金が割引になっているところが多いです。

契約特典

メインは比較のしやすいキャッシュバックです。タブレットの場合はOSがAndroidでiPadはまず対象になりません。キャンペーンの中には型落ちの旧式モデルが特典になっていることもあるので要注意です。

管理人のおすすめのキャリアはやっぱりWiMAX

WiFiを比較するうえで今や一番重要なのは通信量による速度制限です。
通信速度が速くなっても規定量を上回ればすぐ速度制限では意味がありません。

 

ワイモバイルもWiMAXと同じような月間通信量無制限をうたっていますが、3年契約になるのと3日で3GBを超えると速度が200kbps程度にまで落ちてしまうので、結果的にしっかり通信制限があります。

 

WiMAXでも3日で10GBを超えると速度制限を実施することをアナウンスされていますが、制限が始まっても1Mbpsぐらいは出るので実用には支障がないレベルです。ちなみにYouTubeは標準画質であれば700kbps、高画質は2Mbpsあれば止まることなくスムーズに再生できます。

WiFiキャンペーンはトータルの数字で比較すべし

キャンペーンによって月額やキャッシュバックが異なるので、パッと見てどれが一番お得か非常に分かり辛いです。

 

そこで、間違いない判別方法は契約期間の総額料金から特典額を引いた金額=実質支払い額を契約月で割った実質月額料金で比較をすることです。

 

数字は嘘をつきません。ここでは契約期間内の総支払い額(月額料金やWiFiルーター本体代金)と特典額(月額割引、月額やオプション無料月、キャッシュバック)で各キャンペーンを比較しました。

WiMAXのキャンペーンを徹底比較

WiMAXキャンペーン比較表

※キャンペーン名クリックで公式サイトへ移動できます

キャンペーン名 月額料金 総額料金 特典 実質月額料金
1位GMO 4,263円(3,609円) 152,160円+日割り料金 最大34,600円CB 3,183.1円~3,277.5円
2位GMO 3,480円(2,170円) 122,660円+日割り料金 月額割引 3,317.02円~3,3373.78
Broad 3,411円(2,726円) 128,626円+日割り料金 月額割引 3,478.72円~3,550.05円
カシモ 4,079円(3,480円) 130,368円 月額割引 3,523.5円
@nifty 4,350円(3,670円) 155,240円 23,100円CB 3,571.4円
BIGLOBE(1年) 4,780円 57,360円 10,000円CB 3,643.07円
So-net 4,379円(3,380円) 145,656円 月額割引 3,936.6円
WiMAX公式(2年) 3,880円 93,120円+日割り料金+機種代金(15,000円) 機種限定最大3,000円CB 4,209.8円~4,360円

※実質月額料金とは、契約期間内に支払う通信料金の総額から特典額を引いたもの=実質支払い額を37ヶ月(端末到着月含む)で割ったものです。実質月額料金に幅があるものは日割り料金を加味したためです。

 

月額料金項目のカッコ内の数字は端末到着月翌月から2ヶ月間の月額です。紛らわしいですが、実質月額料金で比べていただければ大丈夫です。

 

日割り料金とは、端末到着月の通信料金の日割りのことです。記載がないキャンペーンは到着月の月額料金が無料になっています。

表をご覧になると一目瞭然で、GMOのキャッシュバックキャンペーンが1番お得なキャンペーンです。

 

また、GMOにはエリアチェックで○判定なら20日以内のキャンセルが無料というエリアが心配な人にはありがたい救済措置があります

 

ただ、キャッシュバックキャンペーンの注意点として、受け取りの手続きをしないとせっかくの特典が無効になってしまいます。

 

GMOなら申し込み時に設定したGMOのメールアドレス宛に契約してから11ヶ月後に振り込み案内がくるので、受け取り口座を設定する必要があります。ちなみに、GMOのメールアドレス宛のメールはBBnaviというWEB上で確認できるので、メールソフトの設定は不要です。

 

GMOの公式サイトへ

 

そんな先のことを覚えていられるかな、忘れるに決まってるという人におすすめなのが月額割引です。特典が割引なので、自動で適用されて手続きも何もいりません。

 

月額割引のキャンペーンでもGMOが1番お得です。

 

Broadの公式サイトへ

10月1日から2年契約や1年契約は機種代金が発生することに

WiMAXは今まで1年契約⇒2年契約⇒3年契約と移ってきましたが、10月1日からの電気通信事業法の改正で縛りの緩い1年契約や2年契約のプランが登場しました。

 

ユーザーとしてはできるだけ安い金額で縛りも緩い方が良いに決まっていますが、WiMAXの短期契約プランは注意が必要です。

 

1年契約や2年契約では3年契約で無料になる機種代金が発生します。

 

プロバイダによって機種代金が異なりますが、WiMAX公式ならルーター本体代金で15,000円、BIGLOBEなら19,200円といった具合です。

 

絶対に短期間しか利用しない!という方以外は3年契約のキャンペーンを選んだ方がトータルではお得になります。

自宅の固定回線のプロバイダが同じなら毎月安くなる

自宅で固定回線を使っていて、プロバイダがBIGLOBE、So-net、@niftyの方は月額料金に組み込まれているプロバイダ会員費が控除されて、毎月200円(@niftyは250円)安くなります。

 

200円(@niftyは250円)割引なら実質月額料金も200円下がって、請求もまとめられて一石二鳥です。

ワイモバイルとソフトバンクのキャンペーンを徹底比較

ソフトバンクがワイモバイルを子会社化したことで、両社のネットワークを使用できるようになりました。

 

エリアの広さも速度も完全に同じなので、あとは料金と月のデータ容量で決めればOKです。

ワイモバイル&ソフトバンクキャンペーン比較表

※キャンペーン名クリックで公式サイトへ移動できます

キャンペーン名 月額料金 総額料金 データ容量 実質月額料金
ワイモバイル公式 2,480円 91,760円 5GB 2,480円
ワイモバイル公式 3,696円 136,752円 7GB 3,696円
NEXTmobile 4,880円 117,120円+日割り料金 50GB 4,880円
NEXTmobile 3,490円 83,760円+日割り料金 30GB 3,490円
NEXTmobile 2,760円 66,240円+日割り料金 20GB 2,760円

データ容量に上限があるタイプではソフトバンク回線使用のNEXTmobileが1番おすすめです。3,000円を切る月額でLTEが月に20GB使えます。支払い方法が口座振替の場合は手数料で+200円となります。

 

また、NEXTmobileはワイモバイルやソフトバンクのモバイルルーターが3年契約が一般的な中、契約期間が2年と縛りが緩いのもポイントです。

 

ワイモバイルで5GBの上限があるプランを選ぶなら300円多く出してNEXTmobileの20GBプランを選んだ方がおすすめです。

 

NEXTmobileの公式サイトへ

迷ったらGMOのキャッシュバックキャンペーンを選べば失敗しない

GMOキャッシュバックキャンペーン

3年間の総通信料金から特典額を引いた金額が一番安く、事前のエリアチェックで○判定だったのに自宅が圏外で使えない場合などに、20日以内なら違約金なしでキャンセルできるので、ユーザーにとってデメリットがほぼないです。

 

さらに、GMOなら最新機種のW06が1番お得に申し込めます!

 

唯一欠点らしきものを挙げるとすれば、キャッシュバックキャンペーンの宿命ともいえる受け取り手続きくらいでしょうか。しっかり忘れずにキャッシュバックを受け取れば間違いなく一番お得でおすすめのキャンペーンです。

 

⇒エリアチェックとGMOのキャッシュバックキャンペーンはこちら