ワイモバイルも良いが、やっぱりWiMAXがおすすめ

WiFiを考えている人はすでに自宅の固定回線を契約している人も多いと思います。料金がどうしても二重になるので一本化して節約したいと考えた時に留意すべき点があります。
それは使い過ぎた場合に通信制限を課すキャリアがあることです。

 

WiMAXやワイモバイル、ソフトバンク、ドコモはすべて使用したデータ通信量に応じた速度制限があります。キャリアによって対象通信量や通信制限の内容が異なります。

キャリア別通信制限表

キャリア 対象データ通信量 通信制限内容
WiMAX 3日で10GB以上使用 18時から翌2時までの8時間速度を1Mbps程度に制限
ワイモバイル 1.3日で10GB以上使用

2.1カ月に7GB以上使用

1.当日18時から翌1時までの7時間速度を1Mbps程度に制限

2.当月まで速度を128kbpsに制限

ソフトバンク 1.3日で1GB以上使用

2.1カ月に7GB以上使用

1.翌日午前6時から24時間速度を制限

2.当月まで速度を128kbpsに制限

ドコモ プランごとの上限量(2,5,8GB) 当月まで速度を128kbpsに制限

WiMAXとワイモバイルの502HW以外では1ヶ月で7GBを超えると速度が128kbpsになって一気に使えなくなります。昔のエアーエッヂかと思うくらい遅いです(笑)

 

月7GB以外にも短期間の通信量による制限もあります。

 

ワイモバイルは少し前まで3日間3GBで速度を128kbpsまで制限されていたんですが、条件が緩和されてWiMAXと同じ3日間10GBで速度も1Mbps程度は出る内容になりました。

 

1MbpsあればYouTubeも標準画質であれば止まらずに再生できます。

 

また、ワイモバイルの方がWiMAXより速度が制限される時間が1時間短いです。

 

ただ、制限内容ではワイモバイルの方が少し緩くてもワイモバイルの月のデータ容量に上限がないプランは料金が高いので、トータルでみるとWiMAXの方がおすすめです。

正直月7GB以内に抑えるのは至難の業

私はyoutubeやHuluで映画や海外ドラマをよく観ているんですが、月のデータ通信量が60GB以上を超えます。昔はWiFiと言ってもパソコンぐらいにしか使えませんでしたが、今はスマホやタブレットやゲーム機に繋ぐことが出来ます。

 

使えるデバイスが増えれば必然的にデータ通信量も増えていきます。動画サイトでも高画質化が進んでいるので同じ時間見ていてもデータ量は増えていきます。データ通信量は増えることはあっても減ることはありません。

128kbpsで何が出来る?

実際に128kbpsを体験しましたが、Yahoo!のトップページを開くだけでも一苦労です。twitterがギリギリ見られるくらいで、動画閲覧はもちろん検索するのもまともに出来ません。はっきり言うと使えなくなります。

追加料金を支払えば月の通信量制限解除は可能

ワイモバイルは機種がGL10P・303HW限定、ソフトバンクやドコモは全機種で1GBごとに1,000円を支払えば速度制限を解除出来ます。正直この金額は高過ぎると思います。

 

1ユーザーとしては追加で500円支払えば無制限ぐらいにして欲しいです。

細かいことを考えなくていいのはWiMAX

これからネットを使う上で通信制限は切っても切れない関係です。
選択肢が4キャリアが無い中ではWiMAXが一番制限が緩くて実用的なレベルと言えます。
やはり通信制限を気にする人にとっては昔からWiMAXがおすすめです。