GMOのWiMAXキャンペーンの内容を徹底解説

当サイトではすべてのWiFiキャンペーンの中でGMOのWiMAXキャンペーンを1番おすすめしています。

 

GMOはキャッシュバックと月額割引の特典がありますが、どちらを選んでもその特典の中では1番お得な内容となっています。

 

このページではGMOのWiMAXキャンペーンについて細かいところまで徹底的に解説しています。

1番おすすめのGMOのキャッシュバックキャンペーンの中身

契約期間内の総支払い額から特典額を引いて契約月数で割った実質の月額料金で唯一3,000円を切るのがGMOのキャッシュバックキャンペーンです。

 

全WiMAXキャンペーンの中で最高額の還元が魅力です。

キャッシュバックキャンペーンの月額料金

ライトプラン ギガ放題プラン

3,609円

4,263円

料金プランが2種類ありますが、これは月に使えるデータ容量が変わります。

 

ライトプランは月7GBまでで容量を超えた分は月が変わるまで速度は128kbpsまで制限されます。

 

ギガ放題プランは料金が654円上がる代わりに月のデータ容量に上限がなく無制限となります。また、端末発送月含む最大3ヶ月間はライトプランの3,609円で使える割引中です。

 

WiMAXを選ぶ人で月7GB未満に収まる人は中々いないと思いますが、もし7GB未満に収まるならライトプランに変更すれば安く使えます。

 

プラン変更はGMOのマイページから可能で翌月に反映されます。何度でも無料でできます。

 

ちなみに端末発送月の月額料金は日割り計算となって、解約月は日割りされずに全額請求となります。

キャッシュバック額はWiMAXルーターの機種によって変わる

機種名 速度 ルーターのみ クレードルセット
W04 590Mbps 31,000円 28,000円
WX04 440Mbps 30,100円(3年契約のみ) -
WX03 440Mbps 29,100円 26,100円
HOME L01 440Mbps 29,150円 -

キャッシュバック額は選ぶ機種によって変動します。機種によって約2,000円差があります。

 

W04やWX04は220Mbpsの電波を2つ束ねて440Mbpsにする新技術に対応しているので速くなります。さらにW04はauのLTEが併用できるので、最大速度は590Mbpsになります。

 

auのLTEを利用するにはオプション料として月1,005円かかります。ただし、WiMAXの契約を2年ではなく3年契約にすることで無料になります。

 

WX04だけ契約期間が3年に限定されます。2年契約で加入することはできません。

 

現在WiMAXエリアはほぼすべて440Mbps化しています。GMOでも最大220Mbps機種がラインナップから無くなりました。

 

HOME L01は電源が必要な自宅向けのWiMAXルーターです。バッテリー内蔵ではないので外では使えませんが、電波出力を上げることで屋内でも隅まで電波が届きやすくなっています。

キャッシュバックの受け取り時期と受け取り方法

キャッシュバックは端末発送月を含む11ヶ月目にGMOと契約時に発行されるGMOのメールアドレス宛に手続きの案内がきます。

 

振り込み先となる銀行口座の情報を返信すると翌月末に特典のキャッシュバックが振り込まれます。

 

ちなみにGMOの会員専用ページ(BBnavi)にアクセスして会員IDとパスワードを入力すればWEBメールとして確認できます。

 

キャッシュバックの注意点としては受信するメールアドレスはGMOのものGMOが振り込み案内メールを送信した月の翌月末までに返信しないと無効になってしまう点です。

 

GMOに限らずキャッシュバック特典の最大のデメリットは受け取り手続き忘れによる無効です。忘れないようにGoogleカレンダーや手帳にメモしておきましょう。

 

GMOキャッシュバックキャンペーンへ

面倒な手続き不要の月額料金割引キャンペーンの中身

トータルコストではキャッシュバックを選んだ方が間違いありませんが、手続きが面倒だったり忘れるのが心配という人におすすめなのが月額料金割引キャンペーンです。

 

最初の2年間はどこよりも安く使えてお得です。

月額料金割引キャンペーンの月額料金

ライトプラン ギガ放題プラン

2,590円

3,344円

特典にあたる月額料金割引の中身ですが、端末発送月を含む25ヶ月間割引されます。

 

ライトプラン、ギガ放題プランともに3ヶ月目まで月額料金が2,590円に割引されます。

 

2年後からはそれぞれ通常の月額料金(3,609円or4,263円)に戻ってしまうので、契約の見直し・乗り換えは必須です。

 

端末発送月の月額料金は日割り計算されます。解約月は全額請求となります。

 

GMO月額料金割引キャンペーンへ

契約期間中の途中解約による違約金と2年後はどうなる?

WiMAXはどこも2年契約ですが、正確には利用開始月(GMOなら端末発送月)を含む25ヶ月契約となります。

 

契約期間内の解約には違約金が定められていて、選んだ特典によって金額は変わります。

 

キャッシュバック特典は契約してから25ヶ月目をむかえるまでに解約すると24,800円が違約金としてかかります。

 

月額料金割引特典は端末発送月を含む13ヶ月目までの解約は19,000円、14ヶ月目から25ヶ月目までの解約は14,000円の違約金がかかります。

 

どちらの特典を選んでも2年後の更新月に解約せずにそのままにしておくと再度2年更新となります。更新期間内の解約は9,500円が違約金としてかかります。

 

端末発送月を含む25ヶ月が契約期間と少し分かり辛いですが、たとえば2017年1月にGMOに申し込んで端末が発送されたら、2019年2月が無料で解約できる契約更新月となります。

 

端末が発送された月+1ヶ月の2年後が更新月と覚えておきましょう。

 

解約の注意点としては更新月の20日までに解約申請が必要です。20日を越えてしまうと契約更新となってしまいます。

 

解約手続きはBBnaviか書面送付で行います。書面の場合は20日必着なのと印刷したりと面倒なので、BBnaviからの手続きをおすすめします。

GMOなら万が一の時も安心の20日キャンセルがある

WiMAXというと電波が繋がりにくくて心配という人に嬉しいGMOの20日以内無料キャンセル。

 

申し込み前のピンポイントエリアチェックで○の判定が出たのに圏外や満足いかない速度だった場合に20日以内なら解約料金なしでキャンセルできます。※契約事務手数料の3,000円だけは返還されません。

 

繋がらないWiFiを2年契約することほど悲しいことはないので、GMOの20日以内無料キャンセルはありがたいです。

端末の保険オプションサービス

WiMAXルーターの保証オプションが2種類あります。

 

安心サポートは月額300円で自然故障による修理代金が無料になります。

 

安心サポートワイドは月額500円になる代わりに自然故障以外にも外部損傷や水濡れまでも保証の対象になります。

 

どちらのオプションも申し込み時だけ加入することができます。後から加入することはできません。

GMOのWiMAXキャンペーンのまとめ

ここまで長々とGMOの特徴を書いてきましたが、おさらいの意味も込めて下にまとめました。

  • キャッシュバックキャンペーンはすべてのWiMAXキャンペーンの中で1番お得
  • 月額料金割引キャンペーンも特典が割引タイプでは1番お得
  • ピンポイントエリア判定が○で万が一繋がらない場合は20日以内ならキャンセルできる

WiMAXのエリアに問題なければGMOのキャンペーンを選んでおけば間違いないです。

 

GMOの公式サイトへ