事前に知っておきたいWiFi申し込み時の審査

WiFiルーターでは申し込み時に携帯電話の契約時と同様の所定の審査があります。ここでは気をつけておきたいポイントと審査が通りやすい裏ワザをまとめました。

まずは未払いが無いかチェック

WiFiの料金未払いを続けると恐ろしいことに…でも書きましたが、まず未払いがあるキャリアのWiFiルーターは申し込んでも契約拒否となってしまいます。さらに携帯キャリアであれば、未払い情報をキャリア間で共有しているので、他の携帯キャリアのWiFiルーターの審査も通過しない可能性が高いです。

 

WiMAX以外はすべて携帯キャリアが行っているサービスなので、携帯キャリアで未払いがあってもWiMAXなら審査を通過する可能性はありますが、WiMAX自体はauの子会社なのでauで未払いがあると審査NGになってしまう可能性が高いです。

 

ただし、これらの未払いが原因の審査が通らないケースは、未払い分をしっかり払えば契約OKになります。

 

未払いの注意点としては、キャリア契約の場合は店頭であれば開通できない理由を教えてくれますが、オンラインで申し込むタイプの場合はすべて総合的判断に基づいて云々で具体的な理由は教えてもらえずにNGとなります。

 

自分はしっかり払っていても、ご家族が使っているスマホや携帯電話の名義が自分になっていて、ご家族の方が支払い忘れや未払いのケースもたまにあるので要注意です。

支払い方法がクレジットカードの方が審査に通りやすい?

ネットのWiFiキャンペーンは支払い方法がクレジットカード限定になっていることが多いですが、ショップや家電量販店で携帯キャリアのWiFiルーターを申し込むときは口座振替も選択できます。

 

実はクレジットカードの方が審査に通りやすい、緩い事をご存知でしょうか?

 

口座振替の場合は本人確認書類として身分証明書が求められますが、クレジットカードであれば特に求められません。※WiFiルーター限定です。携帯電話はどんな支払い方法でも身分証明書が必要です。

 

これはまずクレジットカード自体に所定の審査があって、信用情報機関に照会して問題なければ発行されるためです。ある程度の信用(クレジット)があると判断されるので、口座振替よりも審査に通りやすい、本人確認書類も不要というわけなんです。

 

クレジットカードをお持ちであれば支払いはクレジットカードにした方が、審査もスムーズで毎月ポイントが貯まって良いことずくめというわけです。