ドコモでWiFiルーターを使う方法は2種類

使う場所によっては他社では電波が入らないところでもドコモならネットが使えることがあります。WiFiルーターを選ぶ条件に何よりもエリアと言う人におすすめなのがドコモのWiFiルーターです。

 

WiMAXやワイモバイルと比べて料金が高いのがネックでしたが、最近広がっている格安SIMをWiFiルーターに挿して使ったり、料金値引きを特典にしている代理店経由で申し込むことによって通信料金を下げることができます。

1.格安SIMでWiFiルーターを運用する

スマホの通信料金を下げるのに人気な格安SIMはWiFiルーターでも使用可能です。格安SIMでWiFiルーターを運用する際のメリット、デメリットを下記にまとめました。

メリット

  • 契約期間がない
  • 使用量に合わせてプランを自由に変更可能(料金が安い)

最大のメリットとして契約期間の縛りがないことです。格安SIMのネットのみ使えるデータ専用SIMであればいつ解約しても違約金は発生しません。

 

格安SIMを移し替えてスマホで電話をしたい人は通話ができる通話対応SIMを契約する必要があります。その場合基本的に1年契約となります。

 

また、データ専用SIMは契約期間がありませんが、WiFiルーターをセットで購入して分割払いを選んだ場合は途中で解約したときに機種代金の残りを払う必要はあります。

 

会社によってプランごとの通信量や料金は変わりますが、自分の使い方に合わせてプランが無料で何回も変更できます。

 

また、使えるデータ容量の上限が決まっている分無制限に使えるWiFiルーターサービスより月額は安くなります。

デメリット

  • エリアは同じだが実際の通信速度は会社によってバラバラ

エリアはドコモと完全に同じなので、ドコモと繋がるのに格安SIMでは圏外といったことは起きません。

 

しかし、実際の速度は格安SIM会社によってバラバラです。契約ユーザーが多くてドコモから借りている回線設備が小さいところは速度が遅くなってしまいます。無制限で使えるプランがある会社もありますが、制限はしないだけでユーザーが多くて速度がでない場合もあります。

 

ドコモの格安SIMを利用したWiFiルーターの運用方法についてはこちらの格安SIMでWiFiルーター運用はぶっちゃけどうなの?でおすすめの格安SIMサービスとセットで解説しています。

2.代理店経由で申し込む

ドコモのオンラインで申し込めてキャンペーン特典があるところがかなりレアです。
さらにレア中のレアなのが月額料金割引特典のキャンペーンです。

オンリーモバイル

私がおすすめするのはオンリーモバイルのドコモキャンペーンです。

 

機種代金が月額料金に組み込まれていて月3,900円で使えます。さらに何と言ってもドコモ回線なのに月のデータ通信量の上限がありません。スマホでよくある月○GBの容量制限とは無縁でネットが使えちゃいます。

 

さらに今なら20,000円のキャッシュバックキャンペーン中です。

オンリーモバイルの気になるトコロは?

契約期間が長めの3年契約となっています。3年未満の解約は9,500円の違約金と機種代金の残り(1,300円×残り契約月数)を一括で払わないといけません。

 

短期間利用目的の人やデータ容量に上限があっても安い方がいい人には不向きな内容といえます。

 

⇒オンリーモバイルの詳細・公式サイトはこちら