WiFiが繋がらない時の原因と対処法まとめ

今までは普通に使えてたのにいきなり繋がらなくなった、電波が弱くなって速度が出なくなって困ったことはありませんか?

 

このページではWiFiトラブルの原因と対処法についてまとめました。

今まで使えてたのに急に繋がらなくなった原因と対処法

問題なく使えてたのにいきなり繋がらなくなったパターンでは原因が3つ考えられます。

料金の支払い忘れ

支払い方法をクレジットカードに限定している会社が多いので、カードが止まらないかぎりは料金の支払い忘れは基本ありません。

 

しかし、BIGLOBEや@niftyなどの口座振替が選べる会社で銀行引き落としにしている人は要注意です。毎月の料金引き落とし日に残高が足りないと引き落とせなくて止まってしまいます。

 

料金の払い忘れが原因って……と思われるかもしれませんが、意外と支払い忘れによる通信停止は多いんです。

通信規格の変更とWiFiルーターの非対応

WiMAXからWiMAX2+に切り替わったように通信規格が変わることがあります。

 

旧型のWiFiルーターでは新規格の電波をキャッチすることができないので、圏外になることがあります。

 

また、もともと電波の周波数帯は総務省によって厳格に設定されているので、キャリアが新規格のものをサービスインする時には旧規格の帯域を減らすことが一般的です。

 

したがって、今までは4/4が旧規格だったのが2/4と半分になることもあるので、もともと電波が弱かった場所では今まで以上に電波が繋がらない、WiFiルーターがうまくキャッチできないといったことが起こります。

 

対処法としては新規格に対応したWiFiルーターへの機種変更です。

 

実際にここまで影響の大きい変更はキャリア側から事前に通告や機種変更の案内がくるので、ある日通信規格が変わったせいで繋がらなくなったといったケースは稀です。

WiFiルーターもしくは接続するデバイスの調子が悪い

1番多い原因になるのが機械の調子によるものです。

 

機械なのにと思われるかもしれませんが、基地局との通信がうまくいかなかったり、パソコンやタブレットのWiFi受信機能の調子がイマイチなことがあります。

 

対処法はまずはWiFiルーターの再起動です。8割方これで解決します。あとは念の為パソコンやタブレットの方も再起動すればなお良いです。

故障や水濡れなどが原因の時は迷わずカスタマーセンターへ

水濡れは完全に乾くまで待って電源を入れれば復活することがありますが、基本的に故障や水濡れ時はショップに持っていくかカスタマーセンターへ連絡した方がいいです。

 

ただ、WiMAXだけは販売する会社によってカスタマーセンターが分かれているので、必ず購入した会社のカスタマーセンターへ連絡しましょう。

 

たとえば、GMOでWiMAXを契約したら、BIGLOBEのカスタマーセンターやヤマダ電機に持って行っても顧客情報を持っていないので対応できません。