WiFiルーターの契約期間満了後の流れとおすすめの方法

WiFiルーターは2年間(一部会社は3年間)の契約期間があります。契約期間満了後は携帯電話の契約と同じで自動的に2年更新されます。

 

2年経った後でもWiFiルーターを使う状況でエリアや速度に不満がなければそのまま契約を更新しても良いですが、更新前に知っておきたいことともっとお得になれる方法をまとめました。

契約更新時にチェックしておきたい項目

1.月額料金

最初の契約時に特典を月額料金割引ではなくキャッシュバックを選んだ人も2年後の料金プランの確認は必須です。

 

たとえば、当サイトでもおすすめしているGMOのWiMAXキャンペーンは2年間は4,263円で使えますが、2年後からは4,849円に上がってしまいます。

 

契約前に2年後の月額料金はどのキャンペーンでも申し込み時に説明はされていますが、2年前の記憶は意外とあやふやになっていることが多いので、再度見直しましょう。

2.契約自動更新後の解約料金

基本的にどのキャンペーンも新たに契約を結びなおす形になるので、また2年未満で解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

 

契約更新後の途中解約で不当に高い違約金を設定しているサービスはありませんが、念のためチェックしておきましょう。

キャンペーンを乗り換えた方がまずお得になる

そのまま契約を更新するよりも別のサービスやキャンペーンに乗り換えた方がお得になることが多いです。ただ、損はしなくても使い勝手などで失敗してしまうことがあります。

サービス(通信キャリア)を乗り換える際の注意点

たとえば、WiMAXの中でGMOからBIGLOBEやSo-netに乗り換えてもエリアや速度は変わりませんが、WiMAXからワイモバイルのように他サービスに乗り換える際は要注意です。

 

完全に別の通信規格、サービスになるので、月額料金はもちろんエリアや速度や通信制限の内容が異なります。

 

今まで使えていた場所で使えなかったり、月のはじめは速度が十分に出ていても、月途中で通信制限が発動して全然使えないレベルまで速度が落ちてしまうことがあります。

 

WiFiルーターは情報がちょくちょく変わっているので、サービスを乗り換える場合は最初に契約した時と同じように自分がWiFiルーターを選ぶ基準に基づいて判断しましょう。

 

当サイトでも通信キャリアを速度で比較通信制限で比較をしています。

キャンペーン乗り換えの際の注意点

キャンペーンを乗り換える時に一番注意することは以前に加入したことがあるキャンペーンがどうかです。入会時の契約特典は新規加入であることが条件です。

 

最初にGMOに加入してBIGLOBEへ乗り換えてまたGMOに出戻りした場合は、最後のGMOは再加入扱いになって契約特典はもらえません。

 

そのまま契約を更新することのメリットは乗り換え時に必ずかかる契約事務手数料の3,000円がかからないぐらいです。乗り換え時の入会特典が3,000円を超えるようでしたら(まず超えます)、間違いなく乗り換えていった方がお得です。